家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

赤ちゃんの寝かしつけが大変!生後8ヶ月の赤ちゃんの夜泣き対策とは?

赤ちゃんの寝かしつけや夜泣きは、親にとって眠れない日々が続いてとても大変な時期だと思います。今回は寝かしつけが大変、夜泣きが激しくなってくる【生後8ヶ月の赤ちゃん】についての対策をご紹介させて頂きます。

生後8ヶ月の赤ちゃんの特徴

赤ちゃんが産まれて生後8ヶ月の時期はどんな感じなのでしょう。まず【はいはい】ができるようになってきます。はいはいと言ってもまだお腹を床につけて這いずるように進む【ずりばい】とも呼ばれている状態のお子様が多いです。

また、お座りが上手になってくる頃で、両手を使って遊ぶお子様も増えてきます。両手を使って遊ぶことで、色々な経験ができるようになる時期でもあり、様々なことに興味が出てきます

またこの頃の時期になると、夜泣きをしたり寝かしつけが大変だったりと、親としてはとても大変な時期でもあります。この生後8ヶ月の大変な原因と対策方法をご紹介します。

生後8ヶ月の赤ちゃんが寝ない原因

まず、この時期の赤ちゃんは、今まではすぐに寝ていたのに寝るまで時間がかかったり、寝るまでにぐずったりと親を困らせる時期でもあります。中々寝ない赤ちゃんに焦りやストレスを感じる親も多いのではないでしょうか。

では、なぜこの8ヶ月にこのような事が起きるのでしょうか。一つは日中に色々な経験をすることで興奮状態になっていると考えられます。お座りができたり、自分で移動できたりする時期でもあるので、赤ちゃんは今までと違う経験をしていることが多いです。

今までと違う経験をすることで、それが刺激となり興奮状態になることで中々寝付けないと言われています。しかし、この経験は物事を区別したりする認知能力や、日中の事を思い出す記憶力が育まれている証拠でもあり、成長の過程においてとても重要なことなのです。

そのような理由から、親としても赤ちゃんの気持ちを理解した上で、赤ちゃんがリラックスできる環境を作ってあげたり、また自分自身も焦らずにリラックスした状態で寝かしつけをするように心掛けて下さい。

生後8ヶ月の赤ちゃんを寝かしつける方法

この時期の赤ちゃんの寝かしつけの方法は、まず毎回同じ寝かしつけをする事が大切です。例えば、同じ子守唄を歌ったり、音楽を流したり、ぬいぐるみを持たせたりと、それぞれの赤ちゃんに合った方法で、まず一週間同じ事を試して下さい。一週間同じ事を繰り返すことで、赤ちゃんは徐々に慣れて安心感に繋がって、少しずつ寝つきが良くなってくると思います。

また、可能であれば親も一緒に寝てしまうつもりで一緒に布団に入ってしまいましょう。自分も眠る環境をつくることで、赤ちゃんにも安心感が伝わり寝つきが良くなる場合があります。

注意点として、寝る前にはスマホなどのネット環境からは離れるようにしましょう。スマホやパソコンは脳を興奮状態にしてしまいますので、更に寝付きが悪くなる可能性があります。赤ちゃんがスマホを求めたとしても、最低でも寝る1時間前には傍に置かないなどの配慮をしてみて下さい。

生後8ヶ月の赤ちゃんが夜泣きをする原因

次は夜泣きの原因と対策をご紹介します。実は夜泣きの原因は、まだ解明されていないことが多いのですが、原因の一つなのではないかと言われていることが、生後8ヶ月の赤ちゃんはまだ睡眠リズムに慣れていないという事です。

生後6ヶ月頃から、赤ちゃんは徐々に午前・午後・夜と1日3回の長い睡眠リズムとなってきます。しかしまだ8ヶ月の赤ちゃんは、長く眠ることに慣れておらずリズムも不安定なので、目を覚ましてしまうのではと言われています。

特に夜の時間に長くまとめて眠ることに慣れていないので、何度も目を覚まして泣いてしまいます。親の立場としては非常に大変ですが、これもお子様が長くまとめて眠るための準備期間と考えて対応して下さい。

生後8ヶ月の赤ちゃんの夜泣き対策

対策として、一番大切な事は【イライラしない】ことです。親のイライラした気持ちは赤ちゃんに伝わりやすく、更に不安定な気持ちになってしまいます。イライラしてしまいそうな時には、深呼吸をしたりしながらリラックスして対応して下さい。

気持ちを落ちつけたら、赤ちゃんに合った対処法を試してみて下さい。まず自分が赤ちゃんにしてあげたいと思ったことから実行してみてみましょう。例えば背中をトントンする、抱っこする、音楽を聞かせるなど、色々と感じたことを試してみて下さい。

授乳やミルクを飲ませて眠る場合は、夜中にあげても大丈夫です。授乳やミルクで夜泣きが収まり、自分自身が楽になるのであれば対策の一つとして行っても問題ありません。離乳食が3回食になれば、少しずつ夜中の授乳も減っていきますので安心して下さい。

それでもダメな場合は

寝かしつけや夜泣き、色々試してみたけど何をしても寝てくれない事も多いと思います。どうしても難しい場合は、思い切って一度起こしてしまうこともしてみて下さい。一度起こしてしまうと、更に寝る時間が遅くなるとは思いますが、赤ちゃんも親も共に気持ちをリセットするという意味では悪くない行動だと思います。

ずっと眠れない状態で過ごしていると、親のストレスは溜まるばかりで、赤ちゃんもなおの事眠れなくなってしまう場合が多いです。一度電気を付けて絵本を読んであげたり、寝室から出てリビングに連れていってあげたりする事で、気持ちも落ち着いてくると思います。

また、例えば奥様が一人で対応している場合などは、できることならご主人様にも手伝ってもらえるようにしましょう。この時期は特に大変なので、夫婦二人で共同作業をしたり交代で赤ちゃんの面倒を見たりすることで、体力的にも精神的にもかなり楽になってくると思います。

もちろん、ご主人様も仕事など忙しく疲れている場合も多いとは思いますが、例えば週末だけとか、夜泣きが収まるまでとか、期間限定でお願いしてみると納得して頂ける可能性も高くなります。また、ご実家に支援をしてもらえる場合などは、日中に赤ちゃんを見ていてもらって自分は体を休めるなどの工夫をしてみて下さい。

更に、ご主人様もご実家も難しい場合には、家事代行サービスなどの外注にお願いすることも検討してみて下さい。日中中々手が付けられない掃除や料理もしてくれますし、ベビーシッターをしてくれる会社もあります。費用は別途必要にはなりますが、ご自身がストレスを溜めないことが最優先です。お試しで体験等をしている会社もありますので、一度体験してみるのも良いでしょう。

まとめ

・生後8ヶ月の赤ちゃんは、はいはいやお座りが出来るようになる時期でもあり、様々な初めての体験をすることが多い
・日中に様々な体験をすることで、夜まで興奮状態が続くことが多く、中々眠りにつけない赤ちゃんが多い
・赤ちゃんを寝かしつける方法は、寝る前に毎回同じ寝かし付けを行うことでリズムを作れるようになる
・赤ちゃんが寝る前にスマホなどを見せると、更に興奮状態になり眠れなくなることが多い
・8ヶ月の赤ちゃんは1日3回寝るリズムがまだできておらず、特に夜の長い時間を寝るための準備期間である
・夜泣きの対策は、自分自身がイライラしてストレスを溜めないことが一番なので、気持ちを落ち着かせて対処する
・どうしても寝ない場合は、授乳をしたり一度起こしてみたりすることも効果的です
・片親に育児が偏っている場合は、期間限定でも構わないので夫婦で協力して、この時期を乗り切るようにして下さい。
・どうしても片親での育児になってしまう場合は、実家などに頼るか家事代行サービスのような外注にお願いしてみましょう

今回は8ヶ月の赤ちゃんの話をさせて頂きましたが、育児は親にとって常に色々なことが起きます。自分の子供のためと頭では理解していてもやはり親も人間です。イライラしてしまったりしてしまうことも多いと思いますので、そんな自分を責めないであげて下さい。

できる範囲で構いませんので、少しずつストレスをなるべく溜めないように、そして楽しく育児をしていくことが、ご自身とお子様そして家族全員の幸せに繋がりますので、是非幸せなご家庭を築いて下さい。

サイトマップ