家事と育児の情報局

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

家事や育児をしない妻への接し方と対策

日々遅くまで仕事をしているお父さん、いつもご苦労様です。毎日のように朝早くから通勤して、職場では上司と部下に挟まれ大変な苦労をしていると思います。そんなお疲れの状態を癒してくれるのは、やはり自分の家族ですよね。

ところが近年、そのご家族が癒してくれるどころか、逆にストレスを感じて悩んでいるお父さんが多くなってきています。その理由は【妻が家事や育児をしない】ことです。では何故そのような状況が起こっているのか、また対応策は何かないのか、少しでもお役にたてるようなアドバイスをしたいと思います。

家事や育児をしない妻、とは言っても様々な状況やタイプがいると思います。家事や育児を【できない】のか【しない】のかで大きく内容は違ってきます。また【できない】の中でも育児に追われてできないケースもあれば、奥様が病気等でできないケースもあるなど様々です。

今回は【できない】ではなく、【しない】妻への対応についてお悩みのご主人様に向けての対応策です。それでは家事や育児をしない妻とはどんな状況やタイプがいるのでしょうか。

お子様を出産前までは家事をしていた妻への対応

まず、結婚してからお子様を出産するまでの奥様と、出産後の奥様には変化はありましたでしょうか。出産前には家事は普通にしていた場合と、出産前から家事をほとんどしなかった。奥様はどちらのケースに当てはまるでしょうか。

出産前は家事を普通にしていたのに、出産後は家事をしなくなったという妻の場合は、先に記載した【できない】妻に該当する可能性が高いです。おそらく最初は家事をやろうとしていたが、育児に追われて家事ができなくなってきた、また【産後うつ】のような状態になって家事が手につかなくなってしまった。このような理由が考えられます。

もし奥様がこのような状態になっていると、奥様の状態が更に悪化する可能性もありますので、まず奥様と話し合いをしてみて下さい。間違っても「何で何もやらないんだ」「専業主婦なのだからやって当たり前」のような言葉は厳禁です。

育児はご主人様が想像しているよりもかなり大変で、妻が一人で抱えこんでいる状況は相当な負担があります。ご主人様も仕事などで忙しいとは思いますが、育児は夫婦二人での共同作業と思って少しの間負担を減らしてあげる努力が必要です。

また、特に大変な時期は幼少期なので、せめてお子様が小学校に上がるまでは、ご主人様もできる限りの協力をしてあげて下さい。育児の負担が少しでも解消されれば、妻も出産前のような状態に戻る可能性も高いので、お子様のためにも夫婦で協力して家事・育児をしていきましょう。

家事に苦手意識がある妻への対応

出産前から家事をしてこなかった奥様にも、タイプが分かれます。【家事に苦手意識がある妻】場合と【家事なんてしない・家事を放棄する妻】の2種類です。

家事に苦手意識がある妻の場合、家事がすべて苦手ではない可能性があります。家事と言っても料理・掃除・洗濯と色々とありますが、主に料理・掃除のどちらかが苦手な場合が多いかと思います。

料理と掃除、どちらか一つだけが苦手で、もう一つはやっている妻でしたらそんなに問題はありません。料理だけが苦手な場合、家の中はキレイでしょうし、掃除だけが苦手な場合、毎日美味しい食事はできているということですよね。

料理が苦手な妻に対しては

どちらか一つをカバーするだけでしたら、ご主人様の協力でほとんど解決できると思います。料理の場合、日々仕事から帰宅してからご主人様が作るのは現実的ではないですが、食器洗いだけでもご主人様が担当するだけでも、妻の気持ちはかなり楽になると思います。

また、休みの日に夫婦一緒に本を見ながら料理をしたりするだけでも、楽しく覚えることができますし、多めに作って作り置きをして冷凍しておくと平日の支度が楽になったりもします。

その他にも、水曜日はお惣菜の日・日曜日は外食の日など、手抜きができる日を設けたり、時短ができる調理道具を揃えて時短レシピを工夫してみたり、奥様が料理を好きになるような工夫をしてみて下さい。

お子様がもう少し大きくなってきたら、お弁当を作ったり栄養のバランスを考えたりしなければなりませんので、今のうちに料理好きな妻になれるようご主人様も協力してみて下さい。

掃除が苦手な妻に対しては

次に、掃除が苦手な妻の場合です。掃除と言っても様々で、部屋の片付け・掃除機がけ・床や窓拭き・水回りの掃除・玄関や庭の掃除など様々です。それをすべて毎日やろうと思っているとやる気がおきなくなってしまうと思います。

掃除に関しては料理と違い、最悪やらなくても何とかなります。ただ、何もしないでいると当然衛生上良くありませんので、お子様が体調を壊したりする可能性がありますので、やはり必要なものです。

ただ、毎日すべてを行う必要はないので、一週間でローテーションを組むなどして工夫してみて下さい。例えば月水金は掃除機がけ、火曜日にキッチン・木曜日はお風呂、土日はご主人様が玄関と庭、奥様がトイレなど、1日一つだけやってみては如何でしょうか。

一つだけしかしなくて良いと思えば、奥様も少しはやる気が出たりすると思いますし、ご主人様も協力をしてほしいのと、是非奥様を褒めてあげると効果が倍増すると思います。育児と同じく、料理も掃除も共同作業だと思って奥様に接してあげて下さい。

また、最近では料理や掃除をしてくれる【家事代行サービス】というサービスもあります。料金は別途必要ですが、子育て世代が多く利用しています。昔は高額で富裕層しか利用できないイメージがありましたが、今では価格もリーズナブルになってきていますので、奥様やご主人様の息抜きにも利用してみて下さい。

家事や育児をしない、放棄する妻への対応

ところが、中には何を言っても全く家事や育児をしない・放棄する妻もいます。食事はコンビ二やカップラーメンばかり、部屋はゴミ屋敷状態。子供は誰かに預けて終日遊びに行っている。

このような状態では、ご主人様は仕事から帰宅してから全ての事をする必要があり、体も心もいくらあっても足りないと思います。おそらく妻に何を言っても聞いてくれないのではないでしょうか。

このタイプの妻は、家事はおろか、育児に関しても意識が非常に希薄です。なぜなら優先順位の1位が自分になっているからです。心が成熟しきれないまま親になってしまい、まだまだ遊びたくて仕方がない。こんな状態の可能性が高いと思います。

いずれ自分の未熟さに気がついて反省する時期がくるとは思いますが、今の時点では何も解決できない状態です。その中で一番の被害者になってくるのはお子様です。このままでは間違いなくお子様に悪影響を与えることになります。

こうなってしまっては、一刻も早く別々の道を進むことを検討してみて下さい。調停や裁判になる可能性がありますが、状況を説明すれば親権が奪われる可能性も低いと思います。お子様を守ってあげられるのはご主人様だけですので、少しでも早く助けてあげて下さい。

まとめ

1. 出産前までは家事をしていた妻は、育児に追われていたり、【産後うつ】のような病気になっている可能性もあるので、夫婦間での協力が必要
2. 家事に苦手意識がある妻は、苦手な家事によって対処方法が変わる。
・妻が 料理が苦手な場合は、食器洗いの手伝いなどご主人様のできる範囲で手伝う。また休日には一緒に料理の勉強をしたり、料理をしない日を設けたりの工夫をする
・ 妻が掃除が苦手な場合は、無理にすべて行うのではなく、ローテーションを組んで無理のない程度に行う。また手間のかかる掃除は休日にご主人様と共同で行うなどの工夫をする
・ それでも厳しい場合は【家事代行サービス】などに、妻が苦手な家事を依頼してみる
3. 家事や育児をしない、放棄する妻は、基本的に精神が未熟で自己優先の場合が多いので、お子様やご主人様のためにも早めに別々の道を選択したほうが良い

いかがでしたでしょうか。子育て世代のご主人様や奥様は、ほとんど同じような悩みを抱えているご家庭が多いのが現状です。この子育ての大変な時期は、一生のうちで考えてみるとほんのわずかな期間です。このわずかな期間お子様にとっても大切な期間ですので、夫婦で協力をしながら、お互いに思いやりを持って対応していけると皆が幸せになれますので、ぜひ実践してみて下さい。

サイトマップ