家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

省エネ機器の買い替えは、本当にお得になるのか?

今回も前回に引き続き、家事・育児に必要な節約術をお話させて頂きますが、少し趣向を変えてみたいと思います。今回は最終的には節約に繋がりますが、先行投資系のお話をしたいと思います。

省エネ機器への買い替え

皆様はご家庭で様々な家電をお使いだと思います。今お使いの家電で次に紹介させて頂く家電に関しては、かなりの省エネ化が進んでおり、買い替えをすることによって最終的に節約に繋がるといった家電です。

紹介させて頂く家電とは【エアコン】【テレビ】【冷蔵庫】の3種類です。3種類とも各メーカーが競って省エネ化を推進している商品で、約10年前の商品と比較してもかなりの省エネ化が進んでいます。

環境省に【しんきゅうさん】というサイトがあります。このサイトは今お使いの家電から買い替えをした場合の比較ができるもので、消費電力量・電気代・CO2の排出量なども算出ができます。比較できる家電は【エアコン】【テレビ】【冷蔵庫】の他に【温水洗浄便座】【照明】も比較が可能です。

例えば、2006年製のパナソニック・37インチ・プラズマテレビから、同じくパナソニック43インチ・液晶テレビに買い替えると、電力消費量が年間179Kw削減でき、年間の電気代が約4,830円削減できるという結果が出ます。テレビを15年使用するという考え方だと、15年間で72,450円電気代の節約ができます。

このテレビはネット販売だと70,000円代で販売されておりますので、ほとんど持ち出しがなく、大きな画面とキレイな画面の最新型の液晶テレビに実質ほぼ0円で買い替えることが可能になります。同じようにエアコンや冷蔵庫を比較してみると実質0円の家電が見つかる可能性がありますので是非お試し下さい。

【温水洗浄便座】や【照明】に関しては、実質0円までは厳しいですが、買い替えをすることによって電気代の削減には繋がりますので、同じく検討してみると良いでしょう。古い家電を新品に買い替えて、機能や性能も向上して実質0円なら検討したくなりませんか?また最近ではリース販売などをしている会社もありますので、月の負担も電気代との相殺で購入可能になったりすることもできますので、相談してみて下さい。

給湯器の買い替え

給湯器はご存知ですか?給湯器とはお湯を作る機械の事で、風呂釜の機能も搭載されたモデルもあり、今ではかなりの普及率となってきました。給湯器の中でも燃料となるのが、ガスや灯油があり、また最近では電気のエコキュートもかなり普及してきました。

今回は一番普及している、ガス給湯付風呂釜についての話をさせて頂きます。ガス給湯付風呂釜とは、ガスを燃料として使用しており、台所や浴室のお湯を作る機能と、浴槽の自動湯張りができる給湯器のことを言います。

このガス給湯付風呂釜は、現在省エネ機能が搭載されたモデルが続々と登場しており、通称エコジョーズと呼ばれています。このエコジョーズと従来のモデルではガス代が年間で約12,200円も削減ができるのです。

エコジョーズの仕組みを簡単に説明すると、従来型の給湯器は排気口から約200℃の廃熱が発生します。排気口は給湯器本体の上のほうにあり、手をかざすと非常に熱いです。ところがエコジョーズはその200℃の廃熱を再利用しているため、廃熱も50~80℃に抑えることが可能になり、同時に省エネ効果が生まれるといった仕組みです。

給湯器本体の価格はエコジョーズより従来型のほうが安いですが、その価格差も約4.5年で回収が可能です。ガス料金のシミュレーションができる、パロマの【ECOどっち】というサイトがあるので確認してみて下さい。

また、ECOどっちではエコジョーズの販売価格が定価になっています。実際に市場ではかなり安価で販売しています。販売先は様々ですが、家電量販店・ホームセンター・ガス会社などで主に販売されており、最近では更に安価なネットや給湯器専門業者などでも販売が可能です。ただお使いのガス会社で買うほうが、後々のメンテナンスなどを含めて安心だと思います。

他にも面白い商品として、ガスと電気のハイブリッド給湯器というのが販売されてます。ガスのエコジョーズと電気のエコキュートを合体させたようなモデルで、お湯は電気で作り貯湯して、足りなくなった場合はガスで作るといったもので、オール電化と違い災害時にはガスが使用でき、オール電化の電気料金も反映されないという点がメリットです。

イニシャルコストはそれなりに必要ですが、ガス代が大幅に削減できるので、使い方によっては10年以内の回収も可能なケースもあります。また浴室暖房や床暖房もガスが使用できるので、電気と違い早く暖房や乾燥が可能となります。メーカーはノーリツとリンナイが販売をしています。

エコジョーズにしても、ハイブリッド給湯器にしても、現行の給湯器を10年以上使用している場合は検討してみて下さい。ただ、集合住宅に関しては大家様の所有なので難しい場合もありますが、交換のときにエコジョーズにしてくれる場合もあるので、もし故障したら提案してみても良いかと思います。

クレジットカードの活用

次は少しプラスαになるお話です。クレジットカードはお持ちでしょうか。今はかなりの割合でクレジットカードを所有していると思いますが、うまく有効利用している人は意外にも少ない傾向にあります。

クレジットカードを作った理由をよく聞く話と、例えばあるホームセンターに行って買い物をした時に、このカードを作ると今日から○○%引きになります。などの提案を受けて作った経験などが上げられます。そのようなカードが何枚も溜まって実際には使用したりしなかったりといったカードが家に多くありませんか?

まず、クレジットカードは年会費が必要なものと無料のものがあります。また気をつけてほしいのは、初年度のみ年会費無料や、○○円以上使うと次年度年会費無料といったものが多く存在します。カードをたくさん所有の人は余計な年会費を支払っている可能性がありますので、一度調べてみて下さい。

また、クレジットカード会社はポイント還元をしているところが多いです。ポイント還元率も会社によって様々で、使用の仕方によっては高還元されるポイントも存在します。まず考えてほしいのは、ご自身が何に多くの支払いをしているかという所です。例えば車に多く乗るのでガソリンの支払いが多い、毎日動画を観るので携帯電話の支払い金額が多い、毎日同じスーパーに行くなどです。

クレジットカードは、使用頻度が高い商品のカードを作るとポイントが溜まりやすく、また複数あるカードをなるべく1枚にまとめることで、更にポイントを溜めることができます。溜まったポイントは商品券や食事券をはじめ地域の特産品などにも交換できる場合がありますので、溜まったポイントを利用して家族で食事に出かけたりすることも可能です。

他にも、公共料金の支払いやETCカードなどの発行で更にポイントを付与してくれるケースもあったり、誕生月はポイント還元率がアップしたりする会社もあります。クレジットカードの比較は、比較サイトなどで見てみると解りやすいと思いますので、一度検討してみて下さい。

まとめ

・エアコン・テレビ・冷蔵庫などの家電は、買い替えをすることで電気代の削減ができる
・環境省のサイト【しんきゅうさん】で省エネ家電の比較ができる
・給湯器の買い替えでガス代の節約ができる
・給湯器の削減シミュレーション【ECOどっち】で具体的な削減金額が算出できる
・クレジットカードで無駄な年会費を支払っていないかチェックする
・クレジットカードは使用頻度の高い商品やサービスのカードにまとめるとお得になる

いかがでしたでしょうか。節約術シリーズは3回に分けて書かせて頂きました。その他にも様々な節約術もありますので、また機会があったら書かせて頂きますので、まずは今回ご紹介させて頂きました節約術を参考にしてみて下さい。そして節約に繋がった時には、普段家事や育児で大変な思いをしている奥様のご褒美に使って下さい。お子様をご主人に預けてお友達とランチやディナーに行ったり、家事代行サービスに家事や料理をお願いしてみたりして、少しでもストレスのない楽しい生活ができるように願っています。

サイトマップ

お問い合わせ