家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

固定費の見直しで、今よりワンランク上の生活を

前回に引き続き、今回は家事・育児に必要な固定費の節約について、続きを記載したいと思います。今回の固定費編part2は前回と違い、少し手間は掛かりますが削減可能な固定費です。

携帯電話代の節約

携帯電話は今の時代、無くてはならないものです。今はスマートフォンが主流となり、もはや電話というよりは、マルチに活用できる便利な携帯アイテムと言った感じになってきました。それだけ便利なものとなった今、小学生のお子様でもスマホを持つケースも少なくなく、ご家族が一台ずつ所持するのは当たり前となってきました。

ご家族一台ずつ所持をするという事は、当然ですが台数分の費用が発生します。携帯電話の費用としては各会社のプランによって様々ですが、平均すると一台6,000円~10,000円前後の費用がかかっています。費用の差は端末代金が含まれていたり、旧プランのままだったり、色々な要因があります。

その中で、もし携帯電話会社を長期間変更していない場合は、大幅な節約ができる可能性があります。携帯電話の節約方法に関しては、携帯電話会社を変更することが費用を抑えるには大きいと思います。

携帯電話会社の変更は、大手携帯会社のショップより、家電量販店や携帯専門ショップなどで話を聞いてみると良いでしょう。D社・a社・S社を使用している場合は、使用している会社以外のメーカーに相談してみて下さい。かなりの大幅値引きや特別プランがあったり、数万円規模のキャッシュバックがあったりする可能性もあります。

また、格安スマホや格安CIMと言ったものもあります。有名なところではUQモバイルやYモバイルなどがあります。格安スマホは月々の使用金額を減らすには有効で、機種にこだわりが無ければ安く手に入れることも可能です。格安CIMは携帯本体を変えずに中に入っているCIMというものを交換するもので、同じく月々の費用を抑えることができます。ただ、対応していない機種もありますのでご注意ください。

携帯電話の節約は、まず店舗に行った際に、定員に現状の使い方を説明すれば、何が一番お得になるかを薦めてくれます。携帯電話の変更はかなり体力と精神力を消耗します(説明を受けても中々理解できなかったり、時間がかかる場合が多い)が、1日頑張れば毎月の節約に繋がりますので、面倒くさがらずにチャレンジしてみて下さい。

インターネット代の節約

インターネット代も今は節約が可能な時代になりました。一昔前まではISDNやADSLといった回線が主流で、ネットを見ようとしても速度も遅く、金額も高かったと思います。今は光回線やケーブル回線が主流で、速度も速く価格も安価になってきました。

現在、NTTのフレッツ光回線を利用している人は、別の会社へ【転用】ということができます。説明するとNTTが自前で販売・回収していたものを、他社に卸すことで販売を可能にしたのですが、簡単に言うと、自宅にNTTのフレッツ光のモデムが設置してある場合は他社に安く変更が可能と覚えておいてください。

インターネット回線を変更するにあたり、一番面倒でない方法は携帯電話を変更するときに、一緒にインターネット回線も変更してしまう事です。携帯電話を扱う会社はほとんどがインターネット販売も行っており、セット割引等もあるので同時に申し込むとお得になる場合が多いので、相談をしてみて下さい。

固定電話代の節約

次に固定電話代の節約です。固定電話、実際に今使用していますか?現実ほとんど使用していないというご家庭も多いのではないでしょうか。使うとしても学校からの連絡くらいのもので、かかってきても勧誘的な迷惑電話ばかりではないですか?

今は固定電話を持っていなくても問題のない時代になっています。実際若い世代は固定電話をほとんど持っていません。例えば何かの申込書を書く時も、固定電話と携帯電話のどちらかをご記入くださいという書類になっています。もはや無くても問題がないのです。無ければ当然費用自体が発生しません。

それでも、固定電話があったほうが良いという方は、インターネット回線でのプランに変更すると安くなります。今お使いのインターネット会社に相談をしてみて下さい。それだけで月に500円程度は安くなる可能性がありますのでお得です。

住宅ローンの見直し

持家をお持ちの方は、住宅ローンの見直しを検討してみて下さい。直近5年以内くらいに購入した方は中々厳しいかと思いますが、それ以上の方で金利が1%以上の場合は見直す価値があると思います。

特に変動金利ではなく固定金利で借り入れをした場合は、3%以上の金利を支払っている可能性もあります。今はマイナス金利の時代ですから、変動金利だと0.5%未満で借り換えが可能です。全体的にどこで借り換えをしても低金利ですが、やはりネット銀行系は特に低金利となっている場合が多いです。

ただ、住宅ローンの見直しは携帯やインターネットとは比較にならないくらい、手間が掛かります。大手銀行や地銀などでは窓口が設置してありますので、手順やアドバイスなども直接受けられますが、ネット銀行などの場合は基本的にご自身ですべて手続きを行う必要があります。

もちろん、電話窓口などは設置してありますが、やはり電話と対面では理解するのが難易な場合もあります。対面窓口のような人件費を削っているからこそ、低金利での貸出が可能なのかもしれません。そういった理由からもネット銀行での借り換えはかなりの労力と時間が必要となるのです。

そこで、今回はとっておきの裏ワザを教えちゃいます(知っている方はご勘弁下さい)。この裏ワザは手間も時間も掛かりませんので、是非借り換えの前に試してみて下さい。ただ、全員が必ずできるという訳ではないのでご了承ください。

その裏ワザとは、今住宅ローンを借りている銀行に交渉してみることです。え、そんなことできるの?と最初は耳を疑う方も多いかと思いますが、実は可能性があるのです。もし今の銀行で金利だけを下げてもらうことに成功すれば、手付金も必要ないですし、何より手間が掛かりませんのでかなり有効です。

方法としては、まず借り入れている窓口に連絡をして、現在住宅ローンの見直しを検討していることを伝えて下さい。そうすると検討している銀行名等を聞かれることがありますので、ネット等で調べた変動金利が安い銀行名と金利を2つほど言ってみて下さい。そうすると後日連絡が入り、現行の金利が下げられるかの回答がきます。

もし、金利が下がったらラッキーだと思って下さい。そして金利が下がらなかったら、次こそ本当に住宅ローンの見直しを進めると良いでしょう。この方法は一度是非試してみて下さい。

保険の見直し

固定費編では最後になりますが、保険の見直しも検討してみて下さい。保険と言っても様々な種類があり、生命保険・医療保険をはじめ、学資保険や車両保険などかなりの広範囲で保険が存在します。

まず、ご自宅にある保健証券を全て探してみて下さい。何の保険に入っているかは引き落とされているクレジットや銀行の明細を見れば判ります。見つからなければ再発行等もできますので、既存の保険会社に聞いてみて下さい。

保険証券が揃ったら、保険全体を扱っている人がいたら相談してみて下さい。最近では代理店になっている人も多いです。知人で対象の人がいない場合は、保険の○○的なところに相談してみても良いでしょう。最近では駅前やショッピングモールにもよく見かけます。

では、何故保険の見直しが可能なのでしょうか。一昔前は例えば勤めている会社に出入りしている保険会社A社の担当から薦められた保険に入っているとか、知り合い保険会社Bに勤めていて薦められたなどの、特定の会社からしか情報を集めませんでした。また保険は内容が難しく、一般の人が比較しても理解することが難しい商品です。

最近では、複数の保険会社を同時に取り扱う代理店事業が多くなってきているため、同じような内容の保険でも比較が可能で、より安い保険に見直すことができるようになったのです。そういった意味でも、一度相談をすることで保険料が安くなる可能性があるのです。

まとめ

・携帯電話は家電量販店や携帯専門ショップなどで携帯会社の乗り換えで安くできる可能性がある
・インターネットは携帯電話を変更時に乗り換えるとセットで安くなる
・固定電話は使用しない場合は解約。継続する場合はネット回線の使用で安くなる
・住宅ローンは金利の低い会社へ変更すると節約になるが、現行の借入先に交渉をすると金利が下がる可能性がある
・保険は様々な保険会社を取扱う代理店で同じような商品の比較ができる

今回は手間と時間と気力体力を消耗する商品も多かったと思います。確かに全ての見直しをしようとすると、かなり大変だと思います。しかし一度大変な思いをしてしまえば、後々はずっと削減金額が蓄積されていきますので、家事・育児のためと思って面倒ですが検討をしてみてはいかがでしょうか。

サイトマップ

お問い合わせ