家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

予防接種の先生によって態度が変わる娘

私は20歳の女性で専業主婦をしています。長女はまだ0歳4ヶ月です。

先日娘の3回目の予防接種を受けに病院に行った時のことです。今から注射をするとは思ってない娘はいつも通りご機嫌。待合室にいた他のお母さんにも笑顔を振りまく余裕がありました。しばらく待っていると「〇〇ちゃん〜、2番の診察室にお入りください〜」とアナウンスがあったので診察室に入りました。

年配の女性が苦手な娘

総合病院のため予防接種の担当医は毎回変わるので、その日はおばさん先生でした。ちょうど人見知りが始まり、若い人は大好きでニコニコ愛想よくできるのに、50代、60代のおばさんだけは苦手な娘。(つまり祖母のことは大の苦手、預けられなくて困っています)まだ何もされてないのにおばさん先生を目の前に既に泣きそうになる娘。

小児科とはいえ病院なので、泣きそうな娘はお構い無しにどんどん進められ、『まずはロタテックからね〜』と無理矢理口の中に入れられギャン泣き。『はい、飲んでね〜』なんて言われても娘はギャン泣きのため、飲み込むどころか口に入れられた液体でうがい(笑)。しゃくりあげたタイミングで何とか飲み干しついに次は注射3本。

ここからはもう1人の看護師さんが手伝ってくださいました。既に顔を真っ赤にして泣き、ヒートアップしている娘に注射1本目。『グギャアアアア』顔色は真っ赤を超えて赤茶色。涙もよだれも鼻水も止まりません。すぐに注射2本目。絵に描いたような大泣きに私の笑いが止まりませんでした。

3本目、もう声が出ていませんでした。娘は本気で痛がっているのにその本気の涙が可愛くて仕方ありませんでした。『はい終わりね〜よく頑張りました〜』と言っていただき10分待合室で待ちます。

イケメンの先生だと態度が変わる娘

待合室にはこれから予防接種の赤ちゃんが何人かいました。娘同様に何も知らない赤ちゃんは私に向かってニコニコ。かわいい(笑)そんな子達を見ていたら娘の前回の予防接種を思い出しました。その日の担当医は30代前半であろうイケメン先生。正直言って私もタイプ。まだ3ヶ月だった娘もイケメン先生に向かってニコニコ〜。『あら、かわいいね〜』と先生に言われまたニコニコ〜。その時赤ちゃんでも女の子は女の子なのだなと思いました。

なんてことを思い出していたらあっという間に10分が経ち、看護師さんが注射打ったところを見に来ました。注射したことなんてすっかり忘れご機嫌だった娘には『やっぱり赤ちゃんは嫌なこともすぐ忘れちゃっていいな〜』なんて思っていたのに看護師さんの顔で思い出したのか、制服で思い出したのかまた大泣き。

この前生まれたばかりの赤ちゃんだと思っていましたが、さっき痛いことしてきた人だってもうわかるのですね。そんな着実に賢くなってきている娘を見て愛おしく思いそのまましばらく待合室で抱きしめてしまいました。

サイトマップ

お問い合わせ