家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

粉ミルクを食べてみたら…

私の年齢は34歳、女性、アルバイトです。子供は長男4歳、長女1歳2ヶ月です。

粉ミルクが少なくなる原因は

面白エピソードがあったときの状況ですが、最近粉ミルクの減りが早いなぁと思っていましたらなんとトイレで長男が粉ミルクを食べていました。それも美味しそうに食べているのです。粉ミルクは栄養価が高く赤ちゃんには効果的なのですが長男は4歳になっていますので栄養成分が取れるかどうかは分かりませんが体に良い事は確かですので、それほどを送る事はしませんでしたが、トイレで食べていたことに怒りました。

最近トイレに粉が落ちているなと思ったのです。ずっと白い粉の原因を付き止めていたのですがまさか長男がトイレで粉ミルクを食べているとは思いませんでした。そして挙句の果てには先日ビニールプールをお友達としたいと言うのでビニールプールを出しました。私は長女をビニールプールに入れて見ていたのですが、長男とお友達の姿が見えないので見に行きましたら、なんとトイレでお友達と2人で粉ミルクを食べていたのです。

私は長男を先日あれだけ注意したのですが又やっていたことに大変腹が立ってしまいました。長男の言い訳は美味しかったので友達にも食べて欲しかったと言うのです。お友達も私に謝っていましたが、ミルキーの飴みたいで美味しいと言うのです。私はお友達にもきちんと叱りました。これは赤ちゃんが飲むのでみんなが食べるものではないんだよと教えました。

試しに食べてみると…

2人は分かったような表情していましたがまだまだ分かってはいないようです。私もそんなに美味しいの?と言った感じで半信半疑でしたが少し舐めてみました。粉ミルクはとっても美味しかったです。確かに息子の言ったようにミルキーと言っていましたが本当にミルキーの飴のような味がしました。

子供の味覚が鋭いなと思ったのとこんなに美味しいのですから隠れても食べたい気持ちも分かりました。私は息子にミルキーを買ってきました。これでもう粉ミルクを食べてはいけないよと言いました。息子も納得していて現在はトイレで隠れて粉ミルクを食べるような事は無くなりました。

ちなみに粉ミルクが少なくなっている事に気づいたのは、私は普段は母乳で育てていますので出が悪い時だけ粉ミルクを与えていましたので、粉ミルクがこんなに早くなくなるなんてどうしてだろうと思っていましたので、犯人が長男だということが分かりました。今は娘も離乳食を食べていますので粉ミルクを使うのも後少しだと思います。長男の味覚の鋭さに感心しました。

サイトマップ

お問い合わせ