家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

家事と育児、仕事の両立には

私の年齢は33歳で性別は男性、職業はフリーランスでwebプログラマーの仕事とwebサーバーのメンテナンスの仕事をしています。私には、3歳になる長男が一人おり、妻は会社勤めで共働きとなります。

床掃除は機械にお任せ

私は普段は家で仕事をしているので、息子の送り迎えや料理なども私の仕事になります。洗濯物や夕飯などは妻が作ってくれますがそれ以外は私の仕事になります。家事と仕事と育児を両立させるにはある程度、楽をするというか、技術を使用すると家事が楽になります。

私の家庭では家の掃除をする際には、一つのアイデアとしてアイロボットのルンバを使用しています。ルンバは家の床を掃除してくれますし、カーペットも綺麗に掃除をしてくれるので助かります。ルンバが掃除をしてくれている間に息子の朝食を作り幼稚園に送る為に車の準備をすることもができますし、ある程度は機械に頼っても良いのではないでしょうか。

すべてを一人でこなすというのは大変で、特に家の床掃除に関しては時間を掛けて掃除する時間はありません。他のアイデアとしては、私は息子が幼稚園に行っている間は家で仕事をしていますが、サーバーの修理の際には、修理先の企業まで行きます。修理先の企業から変えるのが遅くなった場合、息子を送り迎えすることができません。

子供のデイサービスを利用

そういった場合に利用するのが子供のデイサービスです。このサービスはあらかじめ事前に予約をすると、子供を幼稚園まで向かえに来てくれてデイサービスの施設で預かってもらえるというシステムです。幼稚園で預かってもらえないのかという人もいますが、私の幼稚園ではあずかって貰えるのは時間があり、遅くなる場合、夜5時以降だと預かってもらえません。

妻は6時以降に帰ってくるので時間が合わず幼稚園は利用できません。デイサービスですと夜遅く施設によっては深夜12時くらいまで預かってもらえるので助かります。私は、デイサービスの施設の利用に関して、最初はあまり気乗りしませんでしたが、幼稚園では預かってもらえませんし、かといって3歳の子供一人を家に一人で留守番させるのもどうかと思い、思い切って施設を利用しました。

家事と育児を両立させるためにはある程度、自分の家事に掛かる負担を軽減するために、施設を利用するというアイデアも必要不可欠だと思います。個人一人で解決できる問題には限りが有り限界があります。そういった問題を解決するのであればある程度の施設の利用は仕方の無いことであると思います。

サイトマップ

お問い合わせ