出産一時金の申請はいつ?支給額と申請方法について

子供を出産すると【出産育児一時金】が支給されます。

今回は出産育児一時金(出産一時金)について支給額や真性方法について詳しく解説いたします。

出産一時金とは

出産一時金とは、出産に関しての費用を支給してもらえる制度です。

ただし、国民健康保険や社会保険に加入していることが前提となります。ご家族の扶養に入っている場合も受け取ることが可能となります。

出産一時金の支給金額は

出産一時金の支給金額は1児につき42万円となります。

ただし、産科医療保障制度に加入していない医療機関での出産は40万4千円となりますので、事前に確認をしておきましょう。

また、加入している健康保険等によって支給金額が違う場合がありますので、こちらも事前に確認をしておくとよいでしょう。

出産一時金の申請先を確認しましょう

出産一時金は、ご自身やご家族の勤務状況によって申請先が異なります。

まずはご自身やご家族の状況を確認しましょう。

自分が会社員(扶養対象外)の場合

出産されるご自身が会社員である場合、またパート等でも扶養対象外である場合には、ご自身が勤務している会社が加入している健保組合や共済組合等への申請となります。

勤務されている会社の総務や担当者に問合せをしてみましょう。

専業主婦・扶養範囲内の場合

出産されるご自身が専業主婦であったり、ご家族の扶養範囲内の場合には、ご家族が勤務されている会社の健保組合や共済組合等への申請となります。

ご家族にお願いして、勤務している総務や担当者に聞いてもらうようにしましょう。

自営業の場合

自営業の場合は、基本的に国民健康保険に加入をしています。その場合はご自身のお住まいの役所に問合せをしましょう。

必要な書類や記載方法を教えてくれます。

出産一時金の申請方法は

次に、出産一時金の申請方法を解説します。

必要な書類や申請書類の書き方は次の通りです。

出産一時金を申請するのに必要な書類等

出産一時金を申請するには、以下の書類が必要となります。

・ 出産育児一時金支給申請書
・ 申請者の健康保険証
・ 母子手帳など出産の確認ができるもの
・ 出産・通院に関する領収証・明細書
・ 直接支払い制度の合意書(利用する場合)
・ 印鑑

各自治体や健保組合等によって必要な書類に違いがありますので、必ず確認をするようにしましょう。

出産一時金申請書の記入方法

出産一時金の支給申請書の記入方法の説明をいたします。

支給申請書は、健保組合や共済組合、各市区町村の役場によって申請書が違います。各所から申請書を受け取ったら記入例を参考に記入するようにしましょう。

例えば、健保組合の用紙は2枚セットになっており、1枚目に健康保険証の情報等を記入し、2枚目に出産する人の情報を記入します。

もし記入方法が判らない場合は、各申請書を取り寄せた場所にて確認をするようにしましょう。

出産一時金の受取方法を決めましょう

出産一時金の受取方法は【直接支払い制度】と【産後申請方式】の主に2種類の方法があります。

受取方法の違いについて説明していきます。

直接支払い制度

直接支払い制度とは、各健康保険組合が直接医療機関に支払ってもらえる制度のことを言います。

例えば、出産費用が50万円だったとした場合、出産一時金42万円を差し引いた8万円を医療機関に支払うことで完了となります。また仮に出産費用が42万円以下の場合は差額が振り込まれることになります。

直接支払い制度は、高額な出産費用を個人で立て替える必要がないことが最大のメリットとなります。出産費用をどうしようとお悩みの方にはありがたいサービスです。

直接支払い制度の申請方法は、各医療機関に用紙を申請して記入するだけで大丈夫です。

また、直接支払い制度が適用される医療機関かどうかは事前に確認しておくようにしましょう。

産後申請方式

産後申請方式は、出産後に出産一時金を受け取る方式のことを言います。

申請方法は、健保組合や各役所に申請書を提出すると、指定の口座に振り込まれます。

振込みの時期は、申請後1~2ヶ月程度かかる場合が多いので、出産してからある程度の日数がないと振り込まれません。

また、申請期限も2年間となっておりますので忘れずに申請するようにしましょう。

出産一時金の申請時期と期限は

出産一時金の申請時期は、受取の方法によって違いがありますので注意してください。

出産一時金の申請のタイミングは

出産一時金の申請は、産後受取方式と直接支払い制度によってタイミングが違います。

産後受取方式の場合は【出産後】となります。出産後に申請をしてから約1~2ヶ月で振り込まれるのが一般的です。

ただし、各健保組合等によって違いがありますので、気になる場合は問合せをしてみましょう。

直接支払い制度の場合は、【出産前】に申請が必要です。

直接支払い制度は、出産後に退院するときに出産一時金を医療機関に直接支払われるので、出産前に申請が必要となります。

出産一時金の申請はいつまで

出産一時金の申請期限は、出産した翌日から2年間となっています。

期限を過ぎてしまうと受取ができなくなりますので注意しましょう。

出産一時金についてのQ&A

Q.双子の場合の出産一時金の金額を教えてください
A.出産一時金は【1人につき42万円】と定められていますので、双子の場合は倍の84万円が支給されます。以後人数が増える毎に42万円が加算されます。

Q.帝王切開の場合の出産一時金の金額は違いますか
A.出産一時金は通常分娩でも帝王切開でも支給金額は同じです。ただ、帝王切開の場合、各医療保険で保険金が支給される場合がありますので保険に加入している場合は確認してみてください。

Q.海外で出産した場合、出産一時金はもらえますか
A.出産一時金は海外で出産した場合でも支給されます。ただし日本の健保組合等に加入していること、住民票が日本であることが条件となります。

まとめ

今回は、出産育児一時金について解説させていただきました。
出産前後は何かとお金がかかる場合が多いので、制度を有効に活用していくようにしましょう。

サイトマップ