家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

家事と育児を無理なくこなす方法

私は35歳の女性で、給食調理員の仕事をしています。6歳の長男と4歳の次男がいます。

次男が産まれて間もないころ、私は家事・育児に終始終われ大変でした。こっちで片付けは泣き、あっちで片付けては泣きじゃくるので、その都度子供に対応していたという感じです。

信頼できる人に手伝いをお願い

私のアイデアは、ずばり親や友人に自宅へ来てもらうことでした。親に来ている間に子供の世話をしてもらい、その間にたまっている家事を片付けます。もしくは、慣れ親しんでいる子供好の友人に遊びにきてもらいます。友人は子供と遊べて楽しいし、私は家事がはかどるというような感じです。

特に友人は未婚なのですが、子供が大好きなので、ウチの子供のことも本当に可愛いがって何でもしてくれます。私はその間に家事に掃除に洗濯に家のありとあらゆることをできたのですごく助かりました。やはりお互いがWINWINの関係になれるのが一番良いなと思いました。

その後も友人は子供を可愛がりに頻繁に来てくれるようになりました。私はその友人のおかげで子供に手がかかる時期を乗り切れたと思っております。その友人には、本当にベビーシッターのように足げに通ってくれましたので、一応謝礼はお渡ししました。その後もその子とは円滑な関係がきづけています。

また、私自身もその子が周りのママ友が同じような状況で困っている時に助け舟を出すような感覚で、自分の母親が来てくれている時には手伝いに行くなど行動力もつきましたし、人を思いやる気持ちも身につけることができたと思っております。

現代ならではの便利なサービスを活用

また、自宅からはショッピング等が困難なので、自分の趣味のものや普段買いに行くモノをほとんどアマゾン等のネットショッピングで済ませました。ネットショッピングであれば四六字中家にいるので対応が簡単であり尚且つ、気を使わず自分の欲しい物をそのまま買えるので本当に良かったと思っております。

また、生協等も移動販売で来る時に活用いたしました。ネットショッピングと生協は育児を乗り切る上で欠かせないものであると強く自覚しましたし、育児の重要性というのをここでも実感することができました。晩ご飯等も時間がない時はデリバリーで済ませたりお寿司を注文したりする時もありましたので現代に感謝したいと思います。

サイトマップ

お問い合わせ