家事と育児の情報局

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

赤ちゃんの誕生記念に【ベビーリング】を。使い方や作り方をご紹介します


ベビーリングって知っていますか?ベビーリングとは、パパとママの宝物である赤ちゃん用のリングのことをいいます。しかし、ベビーリングのことをよく知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はベビーリングとは、どんな意味あるのか、また贈る場合や使い方、作り方などを解説させていただきます。

ベビーリングとは、赤ちゃんへの願いを込めたリング

ベビーリングとは、赤ちゃん用のジュエリーのことをいいます。一般的に、指輪の形をした赤ちゃんの指に入るサイズのものが多く、産まれてきた赤ちゃんに対して感謝の気持ちや成長の願いを込めて作られます。

ベビーリングは赤ちゃん用の指輪だということは理解できたと思いますが、ではベビーリングにはどんな由来があるのでしょうか。

ベビーリングの由来は、ヨーロッパのある贈り物が発祥

ベビーリングは、16世紀のヨーロッパで、銀のスプーンを贈ったことが由来とされています。銀のスプーンを産まれたばかりの赤ちゃんに贈り、健康に育つように、食べ物に困らないようにと願いを込めて作られました。

時代の変化とともに、スプーンからリングに変化をしていき、日本でも流行るようになってきました。一昔前はお金持ちの習慣のような感じもありましたが、今ではベビーリングを作る人も多くなってきており、一般的に認知をされるようになってきました。

では、ベビーリングは贈る意味についてご紹介させていただきます。

ベビーリングを贈る意味は、赤ちゃんとママへの感謝


ベビーリングを贈るのは、色々なパターンがあります。主なパターンは、親から赤ちゃんへ産まれてくれた感謝の意味で贈るのと、パパからママへ出産の感謝を込めて贈ることが多いです。

他にも、ギフトやプレゼント、出産祝いなどにも贈られることがあります。次の章では、ベビーリングを使うのはどのようなときが多いのか、いくつかご紹介させていただきます。

ベビーリングの使い方を4つご紹介


ベビーリングを使うのは、どのようなときが多いのでしょうか。4つの使い方をご紹介します。

赤ちゃんが大きくなったらプレゼント

一つ目は、ベビーリングを赤ちゃんが成長したときにプレゼントをする場合です。プレゼントのタイミングは、小学校の入学・卒業のタイミングや、成人式のタイミング、また子供が結婚・出産のタイミングなど様々です。

どのタイミングでプレゼントをしても、子供からはとても喜ばれます。パパとママでプレゼントのタイミングを考えることも楽しみの一つです。

ママがネックレスにして身に付ける

二つ目は、ママがリングをネックレスにして普段から身に付けることです。ベビーリングは、赤ちゃんへのプレゼントの場合でも、実際に見に付けることはできません。そこで、リングにチェーンなどを取り付けて、ネックレスにすることで普段から使用できるようにするのです。

いつもママと一緒だよ、守ってあげるなどの願いを込めて、ネックレスを身につけるママが多く、またベビーリングをネックレスにすると、とても可愛いのが特徴です。

ママと赤ちゃんのペアリング

三つ目は、ママと赤ちゃんのペアリングです。ベビーリングは誕生石から作るのが一般的なので、ママと赤ちゃんの誕生石でペアリングを作ることが多いです。サイズも赤ちゃん用のサイズとママ用のサイズで作れるところも多いです。

男の子の場合

四つ目は、男の子の場合です。ベビーリングといえば、女の子のイメージが多いですが、男の子でもベビーリングを作ることが多いです。男の子のベビーリングは、かっこいい、おしゃれなデザインを好む人も多く、中にはパパとのペアリングを作る人もいます。

子供の成長を願うといった意味では、男の子も女の子も一緒なのですね。最後に、ベビーリングの作り方について説明させていただきます。

ベビーリングを作るのに必要なこと


ベビーリングを作るには、サイズ・誕生石・販売店を選ぶことが必要です。一つずつ解説させていただきます。

ベビーリングのサイズ

ベビーリングのサイズは、新生児用で内径が2.5cm前後のものが多いです。このサイズは生後2ヶ月くらいの赤ちゃんでも入る大きさとして計測されています。また、商品によっては赤ちゃんのサイズに合わせて作ってもらえることもあります。

他に、新生児用以外にも、チャイルド用の3.5cmを用意している販売店もあります。ペアリングの場合は、大人は自分のサイズに合ったものを作ることが多いようです。

誕生石を決める

ベビーリングで多く使用されている【誕生石】をご紹介させていただきます。

誕生石一覧

1月 ガーネット
2月 アメジスト
3月 アクアマリン
4月 ダイヤモンド
5月 エメラルド
6月 パール・ムーンストーン
7月 ルビー
8月 ペリドット
9月 サファイア
10月 トルマリン・オパール
11月 シトリン・トパーズ
12月 ラピスラズリ・ターコイズ・タンザナイト

誕生石によって、価格差がある場合が多いようです。ダイヤモンド・エメラルド・ルビー・サファイアなどは価格が高い場合があります。

ベビーリングを扱う販売店選び

ベビーリングを販売している販売店は多く存在します。販売店を選ぶポイントとしては、デザインはもちろんですが、名前や誕生日、メッセージなどが刻印できたりするオリジナリティがあったり、サイズの変更やネックレス用のチェーンなどが販売されていたりする販売店が便利です。

まとめ

◎ ベビーリングとは、赤ちゃん用のジュエリーで、指輪の形をしたものをいいます。
◎ ベビーリングは、16世紀のヨーロッパで【銀のスプーン】を贈ったことが由来とされています。
◎ ベビーリングは、赤ちゃんが健康に育つように、食べ物に困らないようにと願いが込められたリングです。
◎ ベビーリングを贈るのは、赤ちゃんとママへの感謝の意味が多いです。
◎ ベビーリングを使うのは、赤ちゃんが成長したとき、ママがネックレスとして使用、親子のペアリングが多く、男の子用のベビーリングも多くあります。
◎ ベビーリングを作るには、サイズ・誕生石・販売店を選ぶことが必要です。

今回は、ベビーリングとはどんな意味あるのか、また贈る場合や使い方、作り方などを解説させていただきました。せっかくベビーリングを作るのであれば、世界に一つしかないオリジナルのものを作って、一生の思い出や宝物になるものを作りましょう。

サイトマップ