家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

産後の抜け毛はいつまで?抜け毛の原因と対策をご紹介

お子様を出産後に、突然大量の抜け毛を経験した人はいらっしゃいますか?

今回は、そんな産後の抜け毛があり困っている人へ、産後の抜け毛の原因と時期、また抜け毛の対策をご紹介させていただきます。

産後の抜け毛の原因

まず、なぜ産後に抜け毛が発生するのか、原因は何なのかを詳しく解説させていただきます。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増加する

妊娠をすると、プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が増えます。これらの女性ホルモンは妊娠中には欠かせないもので、子宮内膜の形成や、おっぱいへの血液の供給を促進したりする作用があります。

一方で、これらの女性ホルモンが増加することで、つわりなどの吐き気や倦怠感の症状が出やすくなります。

女性ホルモンの増加で、髪の毛が抜けずに成長を続ける

女性ホルモンは、髪の毛を成長させる効果があります。髪の毛は通常、成長期・退行期・休止期と生え変わりの期間があります。しかし、女性ホルモンが増加することで、本来退行期に入る髪の毛が成長期のままで成長を継続することがあります。

よく、男性用で女性ホルモンの成分の入った育毛剤や育毛サプリなどが販売させています。これも女性ホルモンを使用した抜け毛を防ぐ対策です。

産後は女性ホルモンの分泌が、妊娠前の状態に戻る

産後は妊娠中に活発だった女性ホルモンの分泌が、妊娠前の状態に戻ってきます。人によっては急激な女性ホルモンバランスの変化により、産後うつなどの症状が出るとも言われていますが、最近では疲れやストレスが産後うつの要因とも言われています。

成長が止まった退行期の髪の毛が大量に抜ける

女性ホルモンの分泌が妊娠前の状態に戻ると、髪の毛が大量に抜けることがあります。本来退行期であるはずなのに成長を続けていた髪の毛は、元の状態に戻ることで一斉に生え変わりの時期を迎えてしまうことになります。

産後の抜け毛とは、このような原因で起こっているのです。ですので、髪の毛の生え変わりのサイクルが同じ時期に重なっただけとも考えられますので、自然に元の状態に戻ってくることになります。

とは言っても、女性にとって髪の毛が大量に抜けてしまうのは大問題だと思います。次の章では、実際の抜け毛の時期についてご紹介をさせていただきます。

産後の抜け毛の時期

では、産後の抜け毛の時期とは、いつからいつまでなのでしょうか。この時期を覚えておくことで、具体的な対策を考えることができると思います。

産後の抜け毛の時期は、平均で産後3~4ヶ月

抜け毛の時期は、平均で産後3~4ヶ月が多いようです。ただし、これは個人差があり、産後すぐに抜け毛になる人もいれば、抜け毛の量も多い人と少ない人がいます。

髪の毛が元に戻るのは、抜け毛から6~12ヶ月後

抜けてしまった髪の毛が元の状態に戻るには、抜け毛が起きてから早い人で6ヶ月、遅い人で12ヶ月程度と言われています。

それは、退行期で抜けてしまった髪の毛は休止期に入ります。休止期の期間は2~3ヶ月ほど毛根が休む時期で、休止期が終わって生えてきてから元の長さまで伸びる時間を考えると6~12ヶ月といった期間になります。

これも人によって抜ける量や伸びる速さが違いますので、元に戻る時期にも違いがあります。ほとんどの人は12ヶ月あれば完全に元の状態に戻るでしょう。

髪の毛が元に戻らない場合は、疲れやストレスなど別の要因

しかし、実際には髪の毛が元の状態に戻らないこともあります。それは疲れや睡眠不足、ストレスなどの別の要因で精神的な負荷がかかり、抜け毛が継続してしまうことが理由です。

産後の子育ては、母親にとって疲れや寝不足が起こりやすい状態で、ストレスが蓄積しやすい環境なので注意が必要です。次の章では、そのような場合の抜け毛対策とケアの方法をご紹介します。

産後の抜け毛対策

産後の抜け毛は、実際には6~12ヶ月で元に戻りますが、できるだけ早めに下に戻りたいと思いますよね。また前章で記載したような、ストレス性が原因の場合も考えられますので、この章では具体的な対策をご紹介します。

バランスのよい食事で髪の毛に栄養素を補給

バランスのよい食事で、髪の毛に栄養素を補給しましょう。バランスがとれた食事は体内の生活リズムの改善にもつながります。次に特に髪の毛の栄養素が高い栄養素をご紹介します。

ビタミンB群

ビタミンB群は、髪の毛の育毛によく効く成分が豊富です。ビタミンB群には様々な効果がありますので、種類別にご紹介をさせていただきます。

◎ ビタミンB2 髪や爪などの細胞の再生を促進する。納豆・レバー・チーズなど
◎ ビタミンB6 たんぱく質を毛髪に変える。バナナ・まぐろ・玄米など
◎ ビタミンB7 毛細血管を太くする。いわし・卵黄・牛乳など
◎ ビタミンB9 葉酸は造血のビタミン。ほうれん草・ブロッコリー・いちごなど

たんぱく質

たんぱく質は、髪の毛の原料ともいえる成分です。ただし、たんぱく質単体では効果がなく、アミノ酸を形成することで効果があります。アミノ酸はたんぱく質とビタミンB6を摂取すると形成しやすくなりますので、組み合わせを考えて食事をしましょう。

たんばく質は、肉や魚、大豆から多く摂取できます。特に大豆から摂れる【イソフラボン】は女性ホルモンに似た働きをすると言われています。

メチオニン

髪の毛をつくる主成分であるケラチンは、アミノ酸によって作られます。そのアミノ酸は18種類あり、その中でメチオニンという成分は体内で作ることができないので、食事から摂取する必要があります。

メチオニンは、主に魚介類から摂ることができます

疲れや寝不足などでストレスを溜めない

疲れや寝不足は、ストレスの要因となり髪の毛の大敵です。とは言っても、日々の育児に追われる毎日では、疲れや寝不足は避けては通れないことも多いです。まずは睡眠をしっかりとれるようにすることが大切です。

この時期だけでも、ご家族の協力を頼んでみてください。夜中の授乳はご主人と交互に行なったり、休日はすべてお願いしたりするだけでも、かなりの負担軽減になります。

副作用のない育毛サプリを使用する

育毛剤や育毛サプリなども、この時期には使用して抜け毛予防や発毛促進をしてみましょう。育毛剤や育毛サプリは様々な成分のものが販売させていますが、今回ご紹介したいものは副作用のない安心・安全なサプリメントです。

最近話題沸騰中のHGPといった成分はご存知でしょうか?ヒヨコは産まれてすぐに毛がフサフサになりますが、その成分を卵黄から生成した成分のことを言います。

また、食品原料と食品添加物のみから作られているので、副作用もなく安心・安全の成分と言えるでしょう。ただし、念のため母乳で育てている人は使用しないようにしてください。ちなみに他の育毛剤や育毛サプリも母乳の場合は使用しないようにしましょう。

HGP配合の育毛サプリ、プロタガとアゲインの効果と違いを徹底比較

まとめ

◎ 産後の抜け毛の原因
・妊娠中は女性ホルモンの分泌が増加し、髪の毛の成長を促進する
・産後は妊娠前の状態に戻るので、成長していた髪の毛が一斉に抜ける
◎ 産後の抜け毛の時期
・産後の抜け毛の時期は、平均で産後3~4ヶ月
・髪の毛が元に戻るのは、抜け毛から6~12ヶ月後
・髪の毛が元に戻らない場合は、疲れやストレスなど別の要因
◎ 産後の抜け毛対策
・バランスのよい食事で髪の毛に栄養素を補給
・疲れや寝不足などでストレスを溜めない
・副作用のない育毛サプリを使用する

今回は、産後の抜け毛の原因と対策をご紹介させて頂きました。産後の抜け毛は一時的なものなので、あまり心配は必要ありませんが、原因と対策を知っているだけでも対処法が違ってきます。この時期を上手に乗り切って、育児を楽しんで下さい。

サイトマップ

お問い合わせ