家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

よだれつわりに効果がある食べ物・飲み物と、苦い・まずい唾液を止める方法

妊娠して、しばらくしてから、唾液が大量に出るようになった。しかも唾液が苦い!まずい!気持ち悪い!こんな経験をした人はいらっしゃいますか?

つわりで唾液が止まらなくなる症状を、よだれつわり(唾液過多症)といいます。よだれつわりになると唾液が苦く、まずくなるので、飲み込むことが困難になりります。また、唾液の味で気持ちが悪く感じることもあります。

今回は、そのような唾液で苦しんでいる人に、実際に唾液を止める方法をご紹介させていただきます。

まずは、よだれつわりの症状の原因と対策を知り、状況別の対処法と、唾液の症状を抑える食べ物や飲み物を理解することで、かなりの症状改善につながりますので、是非最後まで読んでみてください。

では、なぜよだれつわりの症状が起こるのか、その原因を最初の章で解説させていただきます。

よだれつわり(唾液過多)の原因と症状

まず、よだれつわりの原因と症状を理解しましょう。

よだれつわりの原因は、ホルモンバランスの変化から唾液が大量分泌される

そもそもなぜ、よだれつわりは起こるのでしょうか?よだれつわりの原因は、実はまだ完全には解明されていませんが、一つはホルモンバランスの変化によるものと言われています。

よだれつわりは別名唾液過多症とも言われています。唾液過多とは、唾液が通常より多くなる症状で、妊娠によってホルモンバランスの変化から唾液が大量分泌され、唾液の味や匂いにも敏感になり、吐き気を感じるようになります。

また、体内に水が溜まってしまう水毒状態にあるとも考えられます。水毒状態になると、代謝がうまくいかなくなり、溜まった水が唾液として出てきてしまうことがあります。

よだれつわりの症状は、唾液の味が苦手になり、飲み込み事が辛くなる

よだれつわりは、唾液の味が苦く、まずくなり、唾液を飲み込むと気持ちが悪くなる症状のことをいいます。

唾液を無理に飲み込もうとすると吐き気を感じたりするので、自然と唾液を体外に出そうとしてしまいます。そのため、外出先で唾液の処置に困ったり、寝ているときにも唾液を吐き出してしまうことがあります。

吐き気の症状の他にも、痰がからむ、胃が痛くなる、匂いが苦手になる、息苦しくなるなどの症状もあります。これらの症状によって、睡眠不足や脱水症状などが起こりやすく、また精神的に辛くストレスを溜めてしまうことも多いのが特徴です。

次の章では、よだれつわりの唾液を対処する方法と対策をご紹介させていただきます。

よだれつわりの唾液を対処する方法と対策

次は、よだれつわりで止まらない唾液を、対処する方法と対策を状況別にご紹介させていただきます。

仕事や外出のときは、ペットボトルや水筒を上手に利用

よだれつわりのときに厳しいのが、仕事や外出時です。とにかく唾液を吐き出さないと気持ちが悪くなり、吐き気を感じてしまうのですが、人前ではなかなか唾液を出すことは難しいと思う人も多いのではないでしょうか。

そんなときに役立つのがペットボトルです。唾液を出したくなったら、ペットボトルを飲むふりをして、唾液を吐き出すようにしてみてください。ペットボトルは透明のままだと見えてしまうので、カバーなどを付けておくとよいでしょう。

ペットボトルでは口が小さくて難しい場合は小型の水筒でも良いでしょう。水筒の場合は口が大きく、中身も見えないのでとても便利です。また、飲み物を飲めない場面の場合はハンカチやタオルに唾液を出すのも効果的です。ハンカチはタオルを複数枚用意しておいて、使用したらビニール袋に入れて時間があるときに洗うようにすると清潔に保てます。

寝るときには、近くに洗面器やタオルを用意

夜寝る前には、近くに洗面器と、枕元にタオルを準備しておきましょう。

唾液の味や匂いが気になって眠れない場合は、近くの洗面器を置いておけば、すぐに吐き出すことができます。また、寝ているときにも唾液が自然に出てしまう場合は、枕周辺にタオルを敷き、予備のタオルも枕元に用意しておくようにしましょう

また、口にタオルやガーゼを軽く咥えながら眠るのも効果的です。しかし、呼吸が苦しかったり、辛い場合は控えるようにしてください。

唾液の味や匂いが気になって仕方がないときは、柑橘系の匂いで気分転換

唾液の味や匂いが気になって仕方がないときは、柑橘系の匂いを嗅ぐと気持ちの変化が起こると言われています。

柑橘系とはは、レモンやみかん、グレープフルーツやライムなどのことで、果物のなかでも爽やかな匂いのものとして知られています。

柑橘系の匂いのアロマやシャンプー、また食べたりすることでも効果がありますので、どうしても気になって仕方がない場合は試してみましょう。

口の中が気持ち悪いときには、うがいや歯みがきが効果的

口の中が唾液で気持ち悪い場合には、うがいや歯みがきが効果的です。

うがいや歯みがきは、口の中のねばねばを取り、さっぱりさせてくれる効果があり、気分転換にもなります。自宅以外でも、外出先にも歯みがきセットを持っていくと便利です。

手の甲にあるツボを押すと唾液が止まる

唾液を止めるには、手の甲にある中泉というツボを押す方法があります。

中泉は、手の甲の中指と人差し指の骨の間を、手首に向かって真っ直ぐ進み、手首のしわと交差する部分です。

この、中泉は唾液を止めるツボとして知られています。まずは自分で試してみて、止まらないようなら鍼灸院などで治療を受ける方法もあります。もし、鍼灸院で治療を受ける場合は、妊娠していること、よだれつわりだということを事前に説明しておきましょう。

自分の症状に合った漢方を調合してもらうと、唾液の量が減る場合がある

漢方を飲むと、唾液の量が減ること場合があります。

薬局などで、よだれつわりの症状を説明して、漢方を調合してもらいましょう。個人個人で症状に違いがありますので、細かなところまで説明して自分に合った漢方薬を調合してもらうことが大切です。

症状にあまり変化がない場合は、何回か調合をし直してもらうことも必要です。漢方は体に悪い成分は入っていませんので、妊婦さんにも安心です。

よだれつわりの唾液を対処する方法と対策 まとめ

◎ 仕事や外出時は、ペットボトルや水筒に唾液を出す。
◎ 寝るときには、近くに洗面器やタオルを用意して、唾液を出せる状態にしておく。
◎ 唾液の味や匂いが気になるときには、柑橘系の匂いが気分転換になる。
◎ 口の中が気持ちが悪いときには、うがいや歯みがきが効果的。
◎ 手の甲にある【中泉】というツボは、唾液を止める効果がある。
◎ 自分の症状に合った漢方を処方してもらうと、唾液の量が減ることがある。

次の章では、よだれつわりの症状を抑える食べ物と飲み物のご紹介です。

よだれつわりの症状を抑える食べ物と飲み物

よだれつわりの症状を抑える食べ物と飲み物を4つご紹介します。

ビタミンB6を含んだ食べ物

ビタミンB6はつわりの症状を軽減する働きがあると言われており、ストレスを軽減する役割もあります。

ビタミンB6を多く含んでいる食べ物としてバナナがあります。その他にも赤身の魚、木の実、玄米などがありますが、食べやすさから考えてもバナナがよいでしょう。

ビタミンB6を含んだ葉酸サプリメントなども販売させていますので、食べ物を食べるのが厳しい場合は摂取してみてください。

ここでご紹介させていただいている葉酸サプリは、ネットや口コミで人気が一番高かったものです。今だけキャンペーンでお試し価格を設定していますので、まずは試してみることをおススメします。


温かい飲み物

つわりの場合は温かいものが苦手な場合もありますが、温かいスープなどは飲める場合が多いです。温かい飲み物を飲んで寝ると、体を温める保温効果とリラックス効果が得られます。

体を温めて新陳代謝をよくすることで、唾液の量を減らすことにもつながります。

アメやガム

アメやガムは、唾液の味や臭いを軽減させてくれる効果があります。

苦手な唾液の味も、アメやガムの味に変えることで飲み込むことができる場合があります。色々な種類のアメやガムを試してみて、自分に合った味を見つけてみましょう。

また、唾液を飲み込める味が見つかった場合、外出時を含め様々な場所でも効果があります。ただし、常に口にする場合は虫歯になりやすいので、歯磨きの回数も多くするようにしましょう。妊婦さんが虫歯になりやすい原因の一つです。

はちみつ

はちみつはつわりが辛い妊婦さんに最適な食材です。

まず、はちみつは砂糖の3分の1の量で甘さを感じられるのでカロリーカットになります。例えば砂糖が大さじ1に対して、はちみつは小さじ1の量で同じ糖度になります。

また、はちみつは栄養価が豊富です。つわりの症状にも効果があるビタミンB6も豊富に含まれており、その他に不足がちな栄養も補ってくれる効果があります。

特に栄養価が高いのが、マヌカハニーというニュージーランド産のはちみつです。マヌカハニーは殺菌効果が非常に高く、風邪の予防や風邪の初期症状によく効きますので、是非一度試してみてください。

マヌカハニーは凄い!つわりや花粉症の効果や、子供の食べ方もご紹介

よだれつわりの症状を抑える、食べ物と飲み物 まとめ

◎ ビタミンB6を含んだ食べ物(バナナ・玄米。赤身魚・木の実・葉酸サプリなど)
◎ 温かい飲み物(スープや味噌汁など)
◎ アメやガム
◎ はちみつ

最後の章は、よだれつわりのときの注意点と対策です。

よだれつわりの注意点と対策

最後に、よだれつわりの注意点と対策をご紹介させていただきます。この対策だけは忘れないようにしてください。

食欲の低下による体重の減少が起きる場合は、ビタミンB6を多く摂取

よだれつわりのときには、吐き気や胃痛などの影響で食欲が低下することが多いです。

食欲が低下することで体重の減少にもつながることも多く、胎児にも十分な栄養素が行き渡らない可能性があります。

対策としては、先に記載したビタミンB6を含んだ食べ物を多く摂取するようにしましょう。吐き気を抑えることで食欲も湧いてくるので、十分な食事をとれるように注意してください。

よだれつわりは脱水症状になりやすいので、こまめに水分補給が必要

よだれつわりで特に注意しなければならないことは、水分の不足による脱水症です。

唾液を体外に出してしまうことで、気がついたら脱水症状になっていることがあります。よだれつわりの場合は、特に意識をして水分を補給するようにしてください。

よだれつわりはストレスが溜まりやすいので、趣味や運動の時間を確保

よだれつわりの辛さによるストレスも大敵です。

止まらない唾液のことでイライラしたり、人目を気にしてしまったり、胃腸の調子が悪かったりと、ストレスが蓄積しやすい状況が多いのがよだれつわりです。

ストレスを溜めないためには、今回ご紹介させていただいた対策を行なうこと以外にも、自分の趣味の時間や適度な運動など、ストレスを発散できることを見つけてみましょう。また、運動は代謝を向上させる役割がありますので、水毒の症状軽減にも効果があります。

症状が重い場合は迷わず病院に行きましょう

よだれつわりの症状が重く、上の3つの症状が改善されない場合は、迷わず病院に行くようにしましょう。

症状が重く、一人で抱え込んでしまうと、実際に胎児への影響が起こる可能性があります。まずは、普段通っている産婦人科に相談をしてみるようにしてください。

よだれつわりの注意点と対策 まとめ

◎ 食欲の低下による体重減少が起きる場合は、ビタミンB6を多く摂取する。
◎ 脱水症状になりやすいので、こまめに水分を補給する。
◎ ストレスが溜まりやすいので、趣味や運動の時間を確保する。
◎ 症状が重い場合には、迷わず病院に行きましょう。

注意点と対策は、今までご紹介したことを実践してもらうこともそうですが、つわり自体が胎内にいる赤ちゃんの成長に欠かせないものであり、この大切な赤ちゃんのための今しか経験できない出来事だとプラス思考で考えられると気持ちも変わってくると思います。

それでも症状が改善しない場合は、家事代行サービスを活用

最後に、つわりの症状が改善しない場合や、どうしても何も手につかない場合などは、掃除や料理を外注する方法もあります。

それが、家事代行サービスと言われるもので、今利用者が急増しているサービスです。利用者は子育て世帯や共働き世帯が多いのですが、最近は妊娠によるつわりの症状が重い妊婦さんの利用が急増しています

サービスのプランも各社様々ですが、中にはマタニティプランといった妊婦さん専用のプランもご用意されています。下記のページも参考にしてみてください。

症状が重い場合は無理をせずに、任せるところは任せてみることも、出産までを上手に乗り切るコツです。

つわりが辛くて何もできない、家事代行サービスでお悩み解決

まとめ

◎ よだれつわりとは、その名の通りよだれが止まらない症状のつわりです。
◎ よだれつわりは別名唾液過多症とも言われています。
◎ よだれつわりは、唾液の味や匂いが苦手になり、唾液を飲み込もうとすると吐き気を感じたりするので、自然と唾液を体外に出す症状を言います。
◎ 仕事や外出時には、ペットボットルや水筒、ハンカチやタオルを持っていくと便利です。
◎ 寝るときには、洗面器やタオルを多く用意しましょう。
◎ 唾液の味や匂いが気になって仕方がないときは、柑橘系の匂いを嗅ぐと気分転換になります。
◎ うがいや歯みがきは、口のかなをさっぱりさせる効果があります。
◎ 手の甲にあるツボや、漢方で唾液の症状が改善することがあります。
◎ よだれつわりの症状を抑える食べ物は、ビタミンB6を含む食べ物、温かい飲み物、アメやガム・はちみつなどが効果的です。
◎ よだれつわりのときは、体重減少・脱水症状・ストレスの蓄積に注意してください。症状が改善しない場合は病院に行きましょう。
◎ つわりの症状が改善しない、辛いときには、家事代行サービスを上手に活用しましょう。

今回は、よだれつわりの苦い、まずい、気持ち悪い唾液を止める方法をご紹介させていただきました。正直このつわりの唾液を完全に抑えることは、今現状では方法がありません。しかし、ご紹介させていただいた、対処法や食べ物、また原因や注意点を理解することで、何もしない状態よりはかなり症状が楽になると思います。

よだれつわりは、辛い症状だと思いますが、少しでもプラス思考で元気な赤ちゃんに会えるのを楽しみにして乗り越えていきましょう。

サイトマップ

お問い合わせ