家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

自宅の太陽光発電、売電期間終了後の有効活用をご紹介

太陽光発電の2019年問題とは

ご自宅の屋根や土地に、太陽光発電システムを設置していますか?今から約9年前の2009年に、国と電力会社で再生可能エネルギーの促進を行いました。当時太陽光発電システムを設置したご家庭では、1kwhあたり48円で電力会社が買い取りをおこないました。これを【再生可能エネルギー固定価格買取制度】といいます。

当時は、まだ太陽光システムの価格自体が高く、そこまでの普及はしませんでしたが、2012年になると価格も低下して、国や地方自治体からも補助金が出ることから、回収年数も10年を下回るケースがありました。また買取価格もまだ42円と高値で、国が10年間の買取保証も後押したことから、2012年2014年頃は太陽光設置のピークでした。

その後、メガソーラー(大規模な太陽光システム)の普及などの理由から、買取価格の下落や補助金の廃止などもあり、太陽光発電システムを設置する家庭は少なくなっていった経緯があります。

今回のお話は、2009年に買取保証で設置した太陽光発電システムが、いよいよ10年経過します。業界では、この問題を2019年問題と呼ぶようになってきており、各企業や各家庭には、どのようなことが起こるか、また対処方法はどのようなものがあるかを検証してみたいと思います。

太陽光発電の売電期間が終了の価格は

まず、皆さんが一番気になることは、太陽光を設置して固定買取価格が保証されている10年が終了した後は、一体いくらで買い取ってもらえるのか?という心配をしている人も多いと思います。はじめに伝えておきたいことは【まだ買取価格は正式に決まっていない】ということです。

しかし、今現在の業界内での情報としては、買取価格は11円くらいではないかと言われているのと、0円と言われている2種類の情報を耳にします。太陽光を設置した当時は、通常の電気の購入価格、約24円くらいと思っていた人も多かったと思いますが、実際には0~11円くらいの可能性が高く、予定していた価格とはかなりの誤差があるかと思います。

では、実際に固定買取価格が終了してしまった後には、どのような方法があるのかを今後の可能性を含めて検証してみたいと思います。

太陽光発電で作った電気はどうなる

太陽光発電で発電した電気は、固定買取制度が終了してしまうと現在の情報では、ほぼタダ同然の価格とまってしまうと言っても過言ではありません。そのことを踏まえて、発電した電気をどのように有効活用するかを検証してみましょう。

現行の電力会社にそのまま買い取ってもらう

一つめは、固定買取制度が終了後も引き続き現行の電力会社に発電した電気を買い取ってもらう方法です。先にも記載したように、固定買取期間が終了すると最高でも11円前後、最低だと0円での買取価格となります。

例えば、今まで48円で買い取ってもらえた電気が11円になるということは、今までより37円も低くなるということになります。仮に月30,000円で買い取ってもらっていた場合、11円になると6,875円になってしまい、今までより23,125円も低い金額となってしまいます。

また、もし買取価格が0円の場合は、当然ですがもらえる金額も0円になります。これはせっかく発電した電気を、電力会社に無償提供することになります。こうなってしまうと、何のために太陽光発電システムを購入したのかと思ってしまうことでしょう。結果、この方法は一番割りに合わない方法と言ってもよいでしょう。

新電力会社に買い取ってもらう

最近、2019年問題に向けて、何社かの新電力会社が、現行の電力会社より高く買取ますといった発表がされています。これは現行の電力会社の買取価格が決定した後に、例えばプラス1円で買い取りますといった内容になります。

仮に、現行の電力会社が11円で買い取りますと正式に発表になった場合、プラス1円なので12円で買い取りますということになります。新電力会社としても安い電気を購入できるので、買い取るメリットが出やすいのだと思います。

そのことを考えると、もう少し単価は高く買い取ってくれるような可能性もあるのではと思います。プラス1円ではなく、2円・3円とプラスになることも考えられます。しかし、今までの売電価格と比較すると、まだまだ安いのが現状です。それでも現行の電力会社にそのまま買い取ってもらうよりはマシといえるでしょう。

蓄電池を導入して、すべて自家発電でまかなう

おそらく、この方法で検討している人が多くいるのではと思っています。この方法は、発電した電気を電力会社に買い取ってもらうのではなく、日中の晴れた日に発電して余った電気を、蓄電池に溜めておくことで発電していない夜間に使用するといったものです。

こうすることによって、電気を電力会社から購入する金額が少なく、基本的に自分の太陽光発電システムによってまかなうことが可能になります。ただし、雨天時には発電をしないので蓄電ができない場合があります。その場合は足りなくなった電気のみ購入すればよいので、非常に効率的となります。

ただし、問題なのが蓄電池の価格です。蓄電池はまだまだ価格が高く、すべての自宅をまかなうだけの容量のものは、定価で400万円ほど必要になります。各地方自治体によっては補助金等も出る場合がありますが、それでも投資をするには勇気がいる価格です。

仮に、月10,000円の電気代を支払っていたとすると、400万円を回収するには33年かかる計算になります。200万円まで下がると、回収年数は16.7年となりますので、最低でもそのくらいに価格が下がらないと購入は厳しいかもしれませせん。

ただ、この価格はあくまで定価になりますので、販売店によっては値引き等も入りますので、ある程度価格は下がる可能性はあります。検討している人は一度見積等をとってみてもよいかもしれません。

太陽光発電の電気は、電気自動車との相性が抜群

電気自動車の購入と突然言われても、おそらく何でと思う人も多いかと思います。しかし、実は私はこの方法が現在においては、一番面白い方法なのではと思っております。先ほど蓄電池の説明をさせて頂きましたが、実は電気自動車も蓄電池として活用することができるのです。

電気自動車は蓄電池を積んでいる

電気自動車の最大のメリットとしては、蓄電池を積んで走ることができるといった点になります。もちろん、太陽光発電システムのあるご自宅で、発電した電気を電気自動車に充電することが可能です。これだけでも電気の上手な利用方法とも言えるでしょう。しかし、電気自動車のメリットはこれだけではないのです。

電気自動車は、現在国内では日産と三菱にて販売されています。三菱の電気自動車は軽のワンボックスタイプで、容量もあまり大きくないこともあり、今回は日産の電気自動車【リーフ】についてご説明させて頂きます。

日産【リーフ】の活用方法

日産リーフは、売れ筋の車両本体価格が360~390万円くらい。補助金が地方自治体にもよりますが、約40万円くらいなので、諸費用を合わせると車両本体価格と同じくらいの金額で購入が可能です。先ほどの蓄電池の価格とあまり変わらないですね。

自宅で発電した電気をリーフに充電する。これだけでも余った電気を上手に活用しています。ところが、ある機械を設置することで、自宅からリーフに電気を送るだけでなく、リーフから自宅に電気を送ることが可能になるのです。

これは、EVパワーステーションといって、日産が発売している電気を双方向に送ることができるシステムになります。これを自宅に設置することで、自宅→リーフ、またリーフ→自宅といった双方向の電気の利用が可能になります。価格は定価で58万円ほどかかりますが、補助金が半額近く出ますので、30万円前後で購入が可能です。

では、このEVパワーステーションを設置すると、どのようなメリットが活かせるのかを説明させて頂きます。まず今現在、全国に電気の急速充電設備が急速に普及しています。高速道路のSAや道の駅、また各日産自動車の販売店にも設置してあります。ちなみに、すでにガソリンスタンドの数を超えているのです。

この急速充電設備を利用するには、月2,000円のカードが必要となります。自宅でも充電はできますが、空の状態で時間が8時間近く必要ですが、急速充電設備であれば30分ほどで満充電となります。ちなみに空にする人はあまりいないと思いますので、もう少し時間は短縮されると思います。

リーフに充電した電気は自宅で使える

通常のガソリン車と比較すると、ガソリン代の変わりがこのカードとなりますので、月2,000円しか燃料代がかからない計算になります。燃料代が月2,000円しかかからないのも魅力ですが、太陽光発電システムがあるご家庭では、こんな利用方法もあるのです。

どこかの急速充電設備で電気を満タンにしたリーフは、当然自宅に戻ります。電気が満タンのリーフは、EVパワーステーションによって、自宅の電気をまかなうことが可能です。そうなんです、他で充電した電気を自宅で使うことができるのです。

太陽光発電は、当然ですが晴天時しか発電しません。夜間や雨天の場合は発電を行いません。梅雨時期などで雨天が多い場合は、通常の蓄電池は充電した電気でまかないきれない可能性もあります。ところが、この方法ならば蓄電した電気がなくなることはありません。

固定買取期間が終わる前にもメリットが

また、この方法でもう一つの裏ワザがあります。これは、現在固定買取期間が終了する前でも利用価値があるのです。同じように急速充電設備で満タンしたリーフを、今度は夜間ではなく、日中に自宅に接続します。すると、日中晴天時に太陽光で発電した電気ではなく、リーフからの電気を自宅で使用することで、太陽光で発電したすべての電気を売電にまわすことができるのです。

こうすることによって、固定買取期間が切れる前には、リーフを日中に自宅につなげて売電する電気を増やし、固定買取期間が終了したら夜間にリーフを自宅につなげて通常の蓄電池と同じ役割をする。これでリーフの上手な活用方法がお解かり頂けたかと思います。

しかも、当然ですがこの蓄電池は自動車なので、移動することができます。これで通常の蓄電池を購入するより、リーフを購入したほうがいいですよね。ちなみに、リーフに内臓されている蓄電池の容量は一般家庭の3日分の電気を溜めることができます。

さらに、今後は国内で日産以外にも、各メーカーがこぞって電気自動車の製造・販売を行ってくると思います。そうなってくると価格も下落してくる可能性も高く、通常の蓄電池を購入するなら、是非電気自動車の購入を検討してみてください

まとめ

◎ 2019年問題とは、再生可能エネルギー固定価格買取制度がはじめて終了する年で、終了後にどのような状況が起きるかを問題提起していることをいいます。
◎ 固定価格期間が終了すると、買取価格は11円前後、最悪は0円ともいわれています。
◎ 固定価格期間が終了した場合、現行の電力会社に購入してもらうか、新電力会社に購入してもらうことが考えられる。
◎ 蓄電池を購入することで、太陽光発電システムの電気を利用できるが、本体価格が高く回収年数に年数がかかる。
◎ 電気自動車は太陽光発電システムとの相性が良く、蓄電池の代わりにもなる。
◎ 自宅にEVステーションを設置することで、電気自動車を自宅の電気を双方向で使用することが可能になる。
◎ 固定価格期間の終了前にも電気自動車を購入するメリットがある。

2019年に太陽光の固定買取制度を利用した人が、いよいよ売電期間が終了します。しかし、ほとんどの人は2009年の設置ではなく、2012年以降の設置が多いと思います。まだ4年近く期間がありますので、次に車を買い替えるなら、早めに電気自動車に乗り換えると記載したメリットを早くうけることが可能になります。太陽光発電システムで発電した電気は上手に活用していきましょう

サイトマップ

お問い合わせ