家事と育児のあるある体験談

家事や育児のお悩み解決方法や、お役立ち情報を提供しています

つわりが辛くて何もできない、家事代行サービスでお悩み解決

妊娠をして、つわりが辛いとき、料理や掃除はできていますか?

今回は、つわりでお悩みの妊婦さん専用の、家事代行サービスをのご案内をさせていただきます。

はじめての妊娠で起こること

まずは、待望のご懐妊、おめでとうございます。これから出産・育児と大変ですが、自分の血を受けた子供を育てるという、素晴らしい出来事があなたを待っています。しかし、その前に、初めての妊娠によって様々な環境や体の変化が待ち構えています。

妊娠をすると、環境を変えなければならない事がでてきます。まず生活習慣を変える必要があります。まず、タバコを吸っている人や、お酒が好きな人は控えたほうがよいでしょう。特にタバコは血液中の酸素が減ってしまうので、赤ちゃんに酸素を与える量が減ってしまいます。

お酒は、一般的にコップ一杯くらいのビールなどであれば大丈夫と言われています。しかし個人差がありますので、もし心配なようでしたら控えるようにしてください。コーヒーや紅茶に含まれるカフェインも、大量に摂取しないほうが良いです。

生活習慣の見直し以外にも、普段の生活環境の見直しをしてみましょう。通常時であれ問題なくても、身重となると通常時とは違った危険が出てきます。例えば、階段の上り下りです。通常時ではなんて事のない行動ですが、身重になってくるとかなり重労働な行為となってきます。

上の階に行かなければならない回数を、今のうちから減らしておくことも大切です。洗濯物の収納場所を下の階に移したり、一定期間だけ部屋干しに変えたりと極力階段を使用しないで済むような工夫を考えてみてください。

他にも、布団の上げ下ろし、床の拭き掃除、高いところの物を取るなど、身重の場合は厳しくなってくるケースが多々出てきます。レイアウトの変更や、ご主人様の協力などで事前の危険回避をして生活環境を見直してください。

体の変化は人によって様々ですが、だるさや眠気があったり、新陳代謝が活発になったり、胸の張りや乳輪の大きさや色の変化などが起こることがあります。中でも、やはり女性は【つわり】をどう乗り越えていくかが、一番の問題だと考えられます。では、つわりの時期や症状はどのようなものなのでしょうか。

つわりの時期と症状

つわりは、一般的に妊娠5~7週目ころから始まります。つわりは胎内で赤ちゃんを育てていくために、心と体を慣らしていくための症状なのではないかと言われています。実際のつわりの症状としては、吐き気・むかつきの他に、食べていないと気持ちが悪くなったり、逆に食べると気持ち悪くなったりする場合があります。他にも、唾液の量が増えたり、げっぷがよく出たりする場合もあります。

症状は人によって様々で、辛くて何もできなくなってしまう人もいれば、ほとんど症状自体が出ない人もいます。ちなみに、つわりが全く感じられない人は、赤ちゃんの心拍の確認ができれば心配はいりません。つわりの症状は、12~13週ころにはおさまってきます

つわりが辛いときには一人で抱え込まないで【家事代行サービス】を利用しましょう

つわりの症状が重い場合は、無理をしないようにしましょう。まず、手助けや家事代行ができる人を探してみましょう。一番よいのは、ご主人様が手伝える場合です。二人のお子様なので、夫婦の共同作業として身重の奥様をサポートできれば最適です。しかし、一般的な仕事をしているご主人様は、日中家にいないことが普通です。一定期間とはいえ、常に家にいることは現実難しい場合がほとんどです。

次に、奥様のご実家の手助けです。実のお母様が家事の代行をしてもらえたら心強いですよね。実のお母様であれば、多少のわがままも聞いてもらえるでしょうし、何より妊娠・出産の大先輩でもあります。可能であれば是非お願いしてみましょう。

しかし、ご実家が遠方であったり、様々な事情で手伝いができない人も多くいらっしゃいます。そんなとき、逆に一人で無理をすると後々影響が出てしまう可能性があります。例えば、腰などの体を傷めてしまったり、ストレスの蓄積でうつ状態になってしまったりする可能性もあります。最悪の場合は流産になってしまう場合もありますので、絶対に無理はしないようにしてください。

そんな時に、お役に立てるのが【家事代行サービス】です。家事代行サービスとは、その名の通り、掃除や料理などの家事全般を、奥様に代わって代行してくれるサービスのことです。一昔前までは、富裕層が利用するイメージもあったと思いますが、現在は一般の家庭が多く利用しています。

例えば、高齢者のご家庭で、掃除や料理が厳しくなってきた人、また一人暮らしで、外食ではなく家庭の料理が食べたい人、小さなお子様がいて、掃除がなかなかできずに困っている子育て世代の人など、様々な人が利用しています。

なかでも、妊娠中でつわりが辛いなどの症状で悩んでいる人には、家事代行サービスがピッタリのサービスです。本当に辛いときに掃除や料理を代行してもらうことで、体も心も休めることが可能です。私はこの家事代行サービスは、まさにつわりが辛い妊婦さんのために作られたサービスなのではと思っています。

つわりが辛い妊婦さんが多く利用する【家事代行サービス】とは

家事代行サービスの内容は、主に掃除・料理があり、その他にもベビーシッターや庭などの手入れ、ハウスクリーニングを兼用している会社もあります。また、一人暮らしや高齢者専用のプランがあるなど、会社によって様々なプランがあります。

今回は妊婦さんに人気の、業界最大手のベアーズさんが提供する、Welcome baby 出産応援プラン】をご紹介させて頂きます。このプランは、ベアーズさんが提供しているプランの中でも、つわりに苦しむ婦さん専用の内容であり、価格も通常のプランよりも割安になっているのが特徴です。

Welcome baby 出産応援プランの特徴

このプランは、妊娠してから病院で母子手帳をお持ちになられた方が対象となります。母子手帳を持ってから、お子様が産まれて1歳の誕生日までの間連続10日間以上のご利用からサービスを受けることができます。

内容は、掃除だけでなく、料理・買い物・健診の付き添い、上のお子様の送迎なども可能です。その他、ご要望に合った内容をオーダーメイドで対応が可能です。但し、ご自宅の鍵を預かったりする、留守中の対応はできません。サービスの開始・終了時には、ご在宅して頂く必要があります。

対象エリアは、北海道・茨城県・千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・福岡県となっています。また対称地域でもエリアによって対応できない場合がありますので、事前にご確認ください。

価格は、1日2時間を10日間ご利用の場合、通常95,400円ですが、特別価格70,200円(税込)でご利用頂くことができます。他にも、20日間のコースや1日3時間にしたコースなどで、価格に違いがありますが、どれも特別価でご利用可能です。

つわりが辛い妊婦さんの【家事代行サービス】の上手な利用方法

家事代行サービスのプランや価格はご理解頂けたかと思います。では、実際につわりでお困りの場合は、どのような家事代行サービスを受けるのがよいのか。いくつか例をご紹介させて頂きます。

においに敏感だったり、食べると吐いてしまうような【吐きつわり】の場合

このような症状の場合は、料理の代行サービスを受けるのがよいでしょう。料理をしてるとどうしてもにおいが気になったり、食材を見るだけでも辛くなる場合があります。料理の代行サービスは当日の食事だけでなく、味のお好みや好き嫌い、妊婦さんに食べやすい料理なども作ってもらえます。

また、買い物にも行ってくれたり、約1週間ほどのつくり置き料理をしてもらうことも可能です。要望が多いと2時間では厳しい可能性がありますので、その場合は3時間コースを選択しましょう。

空腹時に胸がムカムカしたり、軽い吐き気がある【食べづわり】の場合

すべてではないと思いますが、料理は可能だが体がだるくてあまり動きたくない症状かもしれません。その場合、どうしても家事がおろそかになってしまうので、掃除代行サービスをお願いしてみてはいかがでしょう。

掃除代行サービスは、一般的な掃除機がけや部屋の片付け、床拭きや食器洗いなどが中心です。また水回り(キッチン・トイレ・洗面所・浴室)などの掃除もしてもらえます。しかし2時間ですべての箇所を掃除するのは厳しいので、特に重点的にキレイにしてもらいたい箇所を指定しましょう。

水回り全体をすべてキレイにしようとすると、初回はどうしても3時間近くかかってしまう可能性があります。ですが、一度キレイにしてもらうと、2回目以降はあまり時間がかからずに掃除してもらうことも可能です。

また、掃除代行サービスの場合は、基本的に自宅にある道具を使用します。掃除機や洗剤、雑巾なども自宅にあるものを使用しますので、洗剤の中身は確認しておきましょう。台所洗剤やトイレ・風呂用洗剤、他にもカビ取り洗剤や重曹・セスキソーダ・クエン酸なども用意しておくと掃除の時間短縮になります。また、雑巾も5枚ほど用意しておいたほうがよいです。

他にも、キッチンペーパーやトイレシートなどは多めに用意しておきましょう。切れてしまうと、掃除が止まってしまったり、時間がかかってしまう場合もありますので、事前に確認しておきましょう。ほとんどの洗剤やシート系のものは、100円ショップなどで購入できるものです。

つわりで動くこと自体が辛くて仕方ない場合

このような場合は、無理をせずに掃除も料理もすべてお願いしてしまいましょう。1日3時間では厳しいかもしれないので、担当の方と事前にヒヤリングをして重点的にお願いしたいところを決めておきましょう。延長料金は30分毎に1,400円となりますが、体が第一ですのでくれぐれも無理をしないようにしましょう。

つわりだけでない、家事代行サービスの意外なメリット

家事代行サービスを頼むメリットとして、家事や育児の先輩からの色々な情報を得ることができます。スタッフの人は子育て経験の人が多いので、実際の妊娠から出産までのことや、お子様が産まれてからの育児のこと、また掃除の裏ワザなど、今後の参考になる意見がたくさん聞けます。家事代行サービスには、このようなメリットもあるのです。

ベアーズのお申込みは下記動画をご覧ください。

まとめ

◎ 妊娠をすると生活習慣や環境の整備が必要となります。
◎ 妊娠による体の変化が起こることがあります。
◎ つわりの時期は、一般的に5~7週目ころから始まり、12~14週目でおさまります。
◎ つわりの症状は、ムカムカや吐き気、食欲がない、においに敏感、食べていないと辛いなど、人によって様々です。症状があまり出ない人もいます。
◎ つわりの症状が重いときには、夫や実家に頼るなど無理をしないようにしましょう。
◎ つわりが辛く、誰にも頼ることができない場合は、家事代行サービスを利用しましょう。
◎ 家事代行サービスは、掃除や料理を中心に代わりに代行してもらえるサービスです。
◎ 家事代行サービスのベアーズでは、お得な出産応援プランがあります。
◎ つわりの症状によって、お願いする家事代行の内容を決めましょう。
◎ 家事代行サービスは、妊娠・出産の経験者からの貴重な体験談を聞くことができます。

最後に、つわりが辛い娠期には、くれぐれも無理をしないようにしてください。つわりが辛いときには遠慮なく、頼れるところに頼りましょう。家事代行サービスは、そのようなつわりでお困りの人のために作られたサービスと言っても過言ではありません。つわりが辛い妊娠期を上手に乗り越えて、待望の赤ちゃんとの生活を楽しみに、幸せな生活を応援しています。

サイトマップ

お問い合わせ